読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

OPEN HOUSE開催!

 

f:id:sozosya:20141026123651j:plain

 

このたび、11月1日(土)2日(日)10:00~17:00にオーナー様のご厚意により

藤枝市高洲にて、OPEN HOUSEを開催することになりました。

今回の家は、住宅&助産院併用住宅です。

全体面積が約190坪あり、住居部分70坪、助産院部分120坪という大型建築となっています。

構造は静岡ヒノキの在来工法で、存在感ある8寸の大黒柱は

オーナー様と共に井川の山へ行き、木魂祭を執り行い伐採してきました。

そのこだわりの柱や梁を、みせるようにした構造木組もデザインしてあり、

こちらも見どころの一つとなっています。

住宅部は、ヒノキの柱や床、腰壁、そして珪藻土塗り壁という和の空間と

TOYOキッチンINOのメタル調モダン素材をつなぎ合わせて

飽きさせないシャープな和の空間を演出しています。

その他にも、2Fまでの大きな吹き抜けを設けて、

さらにストーブ暖炉をセットしてある25畳の空間はとてもダイナミックに仕上げました。

助産院部分は、「畳で産み、畳で育てる。」をテーマにした分娩室や入院室。

畳と塗り壁、そしてヒノキを合わせた和室で創ってあります。

出産される妊婦の方々が、痛みや不安から少しでも解放されるように、

そして、出産後はいかにリラックスしていただくかを検討した

間接照明や造作家具などのポイントも、ぜひとも御覧いただきたく思います。

医院併用住宅ながら、住宅部分が大いに見ごたえがあるので

専用住宅を御検討の方々にも、大変参考になるかと思われます。

皆様のご来場を、こころよりお待ち申しております。

 


 ※いままでに建築をした「世界でひとつの家」をまとめた写真施工例集を新しく制作しました。
 ご来場の方、みなさまにプレゼントいたします!!

 

f:id:sozosya:20141026150041j:plain

ヘリンボーン張りのフローリングとヒノキの柱・梁を合わせてみる。

f:id:sozosya:20141026141114j:plain

GAGGENAUのハイカロリーコンロや鉄板レンジフードと食洗機・オーブンを

入れ込んだTOYOキッチンのINOを使用。

f:id:sozosya:20141026131825j:plain

待合の照度計画の中で、優しく明るい光を検討した結果、

この配列に決定してデザインした。

f:id:sozosya:20141026145023j:plain

待合室の暖房には薪ストーブを。