読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社員旅行④ 直島  完

 

昨晩、食後に部屋へ戻り波の音に耳を傾けて

地中美術館で購入した「黄金比の本」を読み

知識を高めるつもりが、

数ページで気を失うように眠っていた・・・

おかげで5時にスッキリ目覚めて

早朝の作品散策へ。

f:id:sozosya:20130923062303j:plain

浜沿いを歩いていく。

f:id:sozosya:20130923062637j:plain

この船もアート。

f:id:sozosya:20130923062528j:plain

昨日、美術館からみえた崖に置かれた作品もチェック。

f:id:sozosya:20130923062004j:plain

奇石を配置して「気」を表現している。

f:id:sozosya:20130923064620j:plain

こちらも作品。

やはり、アートは深い。

f:id:sozosya:20130923064112j:plain

木の上から少し頭を出しているのが

宿泊をしたホテルのベネッセハウス。

f:id:sozosya:20130923082109j:plain

良い運動となった散策を終えて

このような芝の広場から朝食へ向かう。

f:id:sozosya:20130923082306j:plain

朝食のダイニングから外に出てスローな時間を満喫した。

f:id:sozosya:20130923100126j:plain

家プロジェクトという

島の住宅街の作品をみるツアーに参加。

f:id:sozosya:20130923101344j:plain

街に馴染み入り込んでいる。

この景色に突飛な作品を創りたくないという

設計者の気持ちを察する。

f:id:sozosya:20130923101925j:plain

神社。

見えにくいが神殿へはガラスの神秘的な階段がある。

この玉石の下には地下があって

そこから見上げることができる。

f:id:sozosya:20130923102837j:plain

こちらが地下への出入口。

崖に飾ってあった地平線の写真の作品の延長で

こちらも出入り口の開口部から地平線が見えた。

さすが!でした。

写真には写っていなかった・・・残念。

 

 

f:id:sozosya:20130923104345j:plain

ANDOミュージアム。

安藤忠雄氏の「光の教会」のスケッチが売っていた。

¥150,000-

買うか悩み悩んだが今回はパスした。

f:id:sozosya:20130923110742j:plain

こちらは、ANDO建築では珍しい木造。

 

 

f:id:sozosya:20130923112307j:plain

石庭がかわいい。

家プロジェクト

http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/kadoya.html

半日で見て回れるツアーでしたが

説明が分かりやすく

とても面白かった。

 

 

まだまだ、直島は奥が深いのだとは思うが

1泊2日では限界がありました。

もう少し、ゆっくりと思うと

贅沢ながら3泊はしても良かった。

また、次回の国際芸術祭の時にでも顔を出してみたい。

f:id:sozosya:20130923081714j:plain

オーナーや現場の職人さんたちに

ご協力ご理解いただき決行した

今回の3年ぶりの社員旅行。

日頃、バタバタという表現が合う事務所内ですが、

この2泊3日は大変のんびりさせていただきました。

ありがとうございます。

 

さまざまなアートに触れリフレッシュされた

感性を生かして

今後も建築を追及していきたい!

 

・・・この社員旅行も一月前のこと。

今は、相も変わらずにバタバタした日々を送っている。

この時のことが、とても懐かしい。

 

 

また、社員旅行の機会をつくれるよう

さあ、がんばろう!