読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salone del Mobile Milano 2015 PartⅣ

 

またまたサローネ 第4弾!

今日は ユーロ・ルーチェ 照明器具をご紹介します

照明器具に欠かせないガラスはヨーロッパでは有名な地域がいくつかあります。。

ヴェネツィア ムラーノ島や トレヴィーゾなどは照明器具のメーカーも多いとか。。

出展も300社あまり。。ヨーロッパのメーカーが多かったようです

 

 

f:id:sozosya:20150416174351j:plain

 これはスワロフスキーのブースです。

天井のデザインパネルにスワロフスキーが

散りばめられ 光に照らされ幻想的な光を放ち、一際目立っていました。。

私も吸い込まれるようブースに入りました。。

f:id:sozosya:20150416174733j:plain

これは受付カウンター。。

ここもスワロフスキーがいっぱい。。このカウンター原価幾らなんでしょう?

 

 

 

f:id:sozosya:20150416174141j:plain

中でもやはり目を引くのはガラスを使ったデザインの器具でした。。

その他にもLED、OLED(有機発光ダイオード)と木の格子セード、羽根やポリカといろいろな素材が使われていました。

セードに使われている多種多様の素材から漏れる美しい光が、とても情緒的でした。

是非、日本でも使いたいと思うものばかりです。

 

f:id:sozosya:20150416174235j:plain

 

 

f:id:sozosya:20150416173417j:plain

水滴のようなガラス

f:id:sozosya:20150415213905j:plain

f:id:sozosya:20150415214638j:plain

f:id:sozosya:20150415214702j:plain

バブルのようなガラスが明るすぎず 主張せず 控えめな灯りが 本当に幻想的で

時間を忘れ見とれてしまいます。

 

 

f:id:sozosya:20150416172128j:plain

これは、鳥の羽をセードに。。

掃除も大変だし明るくもない!  しかし 柔かなフォルムと

やさしい光が 魅力的。

 

f:id:sozosya:20150415214743j:plain

日本の格子のような巧の技も。。

 

f:id:sozosya:20150416172108j:plain

f:id:sozosya:20150416172057j:plain

 

f:id:sozosya:20150415220126j:plain

f:id:sozosya:20150416165758j:plain

どれも素敵なデザインばかりでした

 

運が良ければ会場でデザイナーさんと合う事が出来ます。

私も今回 一人の女性デザイナーさんと会えました。。彼女の

コンセプトも聞けて どのように作られているのかなど、話す事が出来て

楽しかったです。。

ただ商談が出来ないのは残念です。。私の英語力をつける事と

買い付けが出来る会社になれるよう頑張ります(^^

 

 

YUKO   HAMANO