読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Salone del Mobile Milano 2016 Partⅱ

ミラノサローネ 第2弾です。

今回は キッチン設備をご紹介します。 

キッチン設備に限定しても ミラノサローネでは色んなデザインに出会えます。

 

 

f:id:sozosya:20160416113130j:plain

 

中央に写っている 2人の女性がちょっと邪魔ですが... このブースはすべてキッチンフードでした。本当にフードとして機能してくれるのか?と疑うようなデザインがたくさんありました。でも 機能は問題ないそうです。。

 

 

f:id:sozosya:20160416190954j:plain

 

照明機能も兼ねたフード キッチンになければフードとは思いません。 

 

 

f:id:sozosya:20160416112818j:plain

筒形のフード 存在感バッチリでした。

 

f:id:sozosya:20160416113206j:plain

 

 

f:id:sozosya:20160416190329j:plain

すごく薄いフードでした。掃除するときは どうするの?とスタッフに質問したら掃除は必要ないよ!と.. 本当でしょうか? 少し疑っています。。

 

f:id:sozosya:20160416191337j:plain

 

もちろん フードだけでは終わりません。

これは 衝撃的でした。 IHがお鍋のカタチに窪んでいます。 

中華鍋に対して無駄な熱源がゼロに近くなるので 納得のデザインですが

噴きこぼれの際はどうなるのか..(中華鍋なら噴きこぼれは無の前提でしょうか。) このIHは試してみたかったです。

 

 

f:id:sozosya:20160416192708j:plain

少し遠目ですが この展示にも窪んだIHが...今までの概念(IH=平ら・フラット)を良い意味で壊してくれました。

これも ミラノサローネの魅力の一つです。。

 

MIURA

 

Partⅲへ続く...