読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歴史を感じる街ローマ

 

f:id:sozosya:20160414072309j:plain

今回訪れたもう一つの都市ローマ。

滞在中に宿泊したホテルから見た町並みです。

 

f:id:sozosya:20160415152127j:plain

一日目の朝、ホテルの屋上テラスで朝食。

遠くに見えるサンピエトロ大聖堂と屋上から見る町並み。

イタリアに来てるんだなー と感じさせてくれる風景でした。

 

f:id:sozosya:20160414091120j:plainf:id:sozosya:20160414164812j:plain

スペイン広場のバルカッチャの噴水

残念ながらスペイン階段は工事中のため上がることができませんでした。

この後はバチカン市国へ向かいます。

 

f:id:sozosya:20160414171136j:plain

目的地周辺でバチカンツアーのボランティアをしているお兄さん

から、普通に並ぶと中に入るまでに3時間待たないと入れないと聞き、

少し割高でしたが並ばず入れる英語でのツアーに申し込むことにしました。

 

f:id:sozosya:20160414104637j:plain

バチカンに到着

ボランティアのお兄さんに聞いたとおりで、たくさんの人が並んでいました。

自分たちは並ぶ事無く入館です。

ツアーに申し込んで正解でした。

 

f:id:sozosya:20160414185303j:plain

蛍光の緑色の折りたたみ傘を持っているのがガイドさん。

とても探しやすく迷子にならなくてすみました。

その奥に見えているのが、ホテルからも見えていたサンピエトロ大聖堂です。

f:id:sozosya:20160414190742j:plain

 

f:id:sozosya:20160414190159j:plain

ピーニャの中庭

ピーニャとは松ぼっくりの事だそうです。

松ぼっくりの両脇の階段はミケランジェロの設計。

f:id:sozosya:20160414112859j:plain

直径4mのブロンズ製の球体オブジェ

f:id:sozosya:20160414191409j:plain

f:id:sozosya:20160414191943j:plain

 ベルベデーレのアポロ像と神官が2匹の大蛇に絞め殺される苦しい表情を彫ったラオコーン像、どちらも古代ローマ時代の傑作といわれているそうです。

f:id:sozosya:20160414115003j:plain

f:id:sozosya:20160414121220j:plain

 

 

f:id:sozosya:20160414204129j:plain

サンピエトロ大聖堂内

f:id:sozosya:20160414203948j:plain

ミケランジェロピエタ

f:id:sozosya:20160414131421j:plain

サンピエトロ広場

 

バチカンの主な建物はバチカン宮殿とサンピエトロ大聖堂の2つで、

宮殿には、20もの博物館、美術館、絵画館、図書館があるそうです。

自分たちは1時間半くらい滞在したのですが、内部はかなり広く出てくる頃には慣れない英語でのガイドと歩き疲れでぐったりでした。